世間の所感雑感

世間の出来事への所感雑感

花粉症 発症しにくい県の結果好評以前にこんな声が

花粉症 発症しにくい県の結果好評以前にこんな声が

以下、ネット上の反応を御覧ください。

「「国策の失敗」国産木材の高騰など言い訳をいってるが国土利用の先導役はどっからどうみても国でしょうよ。」


「10年以上も前からだけどね、花粉が主たる原因ではなく公害と合わさって複合物になってアレルギー反応を起こす。または体内が汚れているので免疫が正常に働かず、花粉に過剰反応を起こす。食事改善してみ?こんなもん全く関係なくなるから。油断して加工品を多く食べるとまた元に戻るが。」


「3月頭の土曜日に病院行ったけど…いい加減に政府やら厚労省は何か対策しないとだめなんじゃ?と思うぐらい混んでた。これだけの人間がひたすら待つ無駄な時間が生産性なさすぎる。しかもその耳鼻科だけじゃいと思うから、それを考えたら医療費と待ち時間かホントに無駄。杉を入れ替えるなり抜本的な対策打てないのはわざとなの?」


「3日に1回くらいでも洗浄車を路上に走らせてアスファルト上に蓄積した花粉を下水に流せたら少しは収まるのかなぁ。莫大な予算になってしまうから実現性は皆無だろうけど。」


「9361人の回答と言うが、各都道府県でそれぞれ何人に聞き取りを行い、人口比に一致させているのかなど、きちんとした調査結果を公表していないので胡散臭い。マスコミは、いつもアンケート調査結果だけをポンと出してドヤ顔で自己主張を書き連ねるが、設問設定によっても幾らでもアンケート調査結果を変えられるものなので、設問と調査結果をありのまま全部公開していないマスコミのアンケート調査は基本的に信用できない。この調査では世論調査のような意図的な設問設定操作は行われていないと思うが、全国聞き取り調査であるため、聞き取り役が各県毎に別の人間になっていると考えられ、聞き取り役が、どういう人を聞き取り対象に選んでいたのかや、質問の仕方(丁寧かぶっきらぼうか、好ましい感じの人かそうでないか)によって調査結果に大きな影響を及ぼした可能性は否定できない。山梨では花粉症っぽい様子の人ばかりを選んでいた可能性もある。」


「うちの山行きのグループはドイツも大丈夫だし,花粉症なんてそんなやつオランダ。スギを植えスギ,植林政策の失敗。スギは伐採,広葉落葉樹にして,洪水を防いだり山を豊かに変えよう!」


「こんなしょーもないランキングより、抜本的対策の記事が読みたい。この記事には有用性の欠片すら無い。」


「こんな花粉症ランキング当てにならない…今、思えば30年前花粉症なんて言葉がなかったときから発症していたと思う。」


「スギは根を張らないのでゲリラ豪雨で山崩れの原因になっている。にもかかわらずスギ植樹は何の規制も無く今も増え続けている。伐採して元来の広葉樹の森に戻すべきだ。」


「だから、どうなの?無駄な統計。なる人はなる。それよりも対処法や杉から他の樹木への転作を奨励すべき。」


「たびびと | 3時間前 」


「どれくらいの分布でどんな方法でアンケートしたのだろう。たった二日でか。もう少しきちんとした調査も待たれるかも。県内の細かい分布もみたいぞ。」


「なぜ伐採や剪定・枝打ちを進めないのか?無花粉杉への植替えも補助金は少なくて停滞している。花粉症利権が邪魔でもしてんのか?」


「なんで北海道と沖縄抜くの?」


「マスクで防げないから困ってるんだけど。沖縄か海外へ移住したい。北海道は白樺花粉あるらしいし。」


「マスクをするなど、なるべく花粉を吸い込まないような工夫を心がけましょう。」


「みんな〜!北海道来いよ〜!結構いいとこだぜ!」


「もはや公害のレベル。抜本的対策を。」


「ランキングより花粉症撲滅に期待する。飛散防止が望まれる。ランキングなんてあてにならないまた、花粉症発症者ランキングにした方がよい。薬品メーカー、マスク、紙、国策て花粉野放しでは。排ガスと花粉と空気汚れている 政治家公約で花粉症0を目指すなら、投票したいな。」


「沖縄には杉もヒノキもほとんどないからひどい花粉症の方はこの時期沖縄に避難することも考えてみたらどうでしょうか。私も酷かったのですが3年ほど暮らして戻ってきたらその後花粉症が起きなくなりました。」


「沖縄は?」


沖縄県が最も少ないのでは?意図的に圏外にしたデータですか?」


屋久島に行ったときに訊いたら、スギ花粉症って意外と少ないのが驚きでした。」


「花粉がこない代わりに黄砂やPM2.5などが飛んでくるので、花粉に限らない話になるとその地域が良いのか判断しづらくなる」


「花粉とPM2.5 黄砂が混じったら地獄です目は痒いわ涙が出て前が見えないし頭はぼ~とするし くしゃみ鼻水鼻づまりからピーク時には咳が止まらなくなります病院も市販の薬も高いから使用せず自己流で防いでいます」


「花粉症です、が、沖縄に嫁いですっかり花粉症であることを忘れてしまうようになり、うっかりこの時期に帰省して、自分は花粉症だったと実感させられることも。。。花粉症は杉だけではないので、杉以外にもアレルギーのある私は沖縄にいても完全に花粉症とさよなら出来た訳ではないのですが、それでも、沖縄、かなり楽です。。。」


スポンサードリンク




「花粉症のおかげで、喫煙より医療費がかかっていると思う。花粉を出す杉の木の所有者に税金をかけるのはどうか。」


「花粉症の時期だけ移住出来る生活が理想かな。」


「花粉症の診察は無料、花粉症を元から撲滅、なーんてしてくれる政党があったら投票するけど、なぜどこの政党もやってくれないの?。」


「花粉症は辛くて、ティシュが離せないし大変ですよね。私は40代だけど、花粉症になってません。いつかは、なるかな?って毎年そう思うんですけど。。まだなってなくて不思議です。」


「花粉症は杉や桧だけではありませんし、海外にはその国や地域特有の花粉症が存在する場合がありますね。」


「花粉量の多い所が多い所に花粉症の人が多くなる傾向があるだけにしか見えませんね。」


「確かに山梨に引っ越してすぐに花粉症になりました。関西では平気でした。空気は綺麗な田舎ですが、そこらかしこに大きな杉の木!富士山麓なので仕方ない、と諦めています。」


「関東が真っ赤じゃないか?ふざけるな」


関東平野って、人口が多いし杉、桧が多い山(林)はあまり無いイメージなんだけどなぁ‥…‥」


「帰りたい花粉発症率の低い県に」


「古い杉が伐採されず、外国からの安い木材と林業に携わる人が少ないから放置され結果、花粉が増えアレルギー(花粉症)の原因になると聞きました。早く古い杉を伐採しアレルギーを軽減出来るようにしてほしい。」


高知県のケースとかぜんぜん一致していないけれど、どういうこと?」


「国がしっかり主導して花粉が飛ばないように、措置をとれよ。国民病と言われて久しいのに、医師会や製薬会社などの利権を守ってばかりいるなよ。」


「国の責任だろ。日本政府は対策へのやる気無しかよ。腹立たしい。」


「国は何の対策もせず!火力発電の燃料にすべきだよね。」


「国も医療費削減に躍起になっているが、スギ花粉対策を行うだけでものすごい額の医療費削減になると思うのだが、やる気はないのだろうな。」


「最近は、食生活が乱れがちでストレスが大きいので、たまに目が痒くなることがありますが、以前は涙がボロボロで、くしゃみや鼻水止まらない状態でした。パッチテストでは通常の人の500倍のアレルギー反応があると言われていました。30年間ハウスダストや花粉などのアレルギーに苦しんでいたのですが、生活習慣の改善で治りました。漢方、薬、レーザー治療、外科手術もしましたが、結局は日々の規則正しい生活が一番大事だったようです。ストレス対策も大事なようです。知り合いにモズクを大量に食べたら治ったという人がいたのですが本当だろうか、、、。」


三重県です。杉の木だらけ。花粉症になってから20年以上経つけど毎年本当に苦痛。今年は薬を飲んでも目の充血と頭痛がひどい状態。ベランダも車も花粉が積もって飛散が猛烈。アメリカに2月から4月まで行っていた時があってその時はまったく花粉症の症状が出なくて天国だった。春先は日本国民は苦しんで製薬会社は大儲かり。この時期は沖縄や海外に脱出したい人多いと思うよ。」


「山梨、、なんでだろう?にしても年々酷くなる。アレグラも効かなくなってきた。真面目に国が対策して欲しい」


「山梨は高い山に囲まれた盆地!納得」


「山梨多くて長野少ないのは違和感。」


「四国にいた頃はほとんど症状がでず通院もほぼせずに改善されたのかな?と思ったら単なる飛散量の違いだったみたいで地元の関東に引越してくしゃみ連発等で通院することになりました。」


「紫と赤の地域からは移住できる人は移住した方が良いと思う。」


耳鼻咽喉科でレーザー花粉症治療ってのを見たけどあれは効くのかなあまだ花粉症になってない。なってない人はまわりであと一人しかいない。だけどいつなるか。毎日怯えてる」


「耳鼻科が多いか少ないかの違いだったりして確定されなければ「花粉症」ではないからね」


「自覚のある人の割合だから、」


「自分も花粉症で静岡県出身です。今は東京暮らしですが、数年前に耳鼻科に通ってた時、そのお医者さんから言われたのは「マスクせい!」でした。花粉症は個人の体質とか環境はあるけど、防ぐのは自分、医者の言う事に納得しました。」


「首都圏在住だけど、先々週出張で1週間静岡にいた時は、こちらではなかなかない強烈な症状に見舞われたので静岡の3位には納得あとアンケートの対象外になってるけど、北海道でも白樺の花粉症があるから」


「杉がない北海道、沖縄が発症しない、これは分かる。他のデータでは滋賀、長野は多かったと思うのだが(月初に名神走ったら花粉の靄掛かってた位飛んでたぜ滋賀)アレルギーも体質によるから1回でも発症すればカウントしないとね。あらかじめ投薬や手術してる人をカウントしてないんであれば意味ないんだけど。」


「杉の木が多いとこと、アスファルトとかで、花粉が飛んでも逃げ場がない地域だと思っていたが、山梨県とは。あと、花粉症と言っても、杉だけじゃないからね。」


「政治家悪い林業大切に、花粉症対策で医療費減らそう。」


「昔、花粉症は体内の器に花粉が溜まり、容量オーバーで溢れ出したら発症って聞いたことあるけど、若い子でも花粉症の方いますよね?器とか関係なく発症する人もいるんですか?」


「調査対象者を都道府県別、男女、年代で何人という数字を示して欲しい。例えば、耳鼻科の来院者数とかそういう裏付ける資料が欲しい。」


「都内在住。卵アレルギーが乳児期から酷かった。まだ花粉症という言葉がない2歳の時から既に春先のアレルギーと言われて花粉症だった。ここに北海道が載っていないけれど北海道にだって白樺の花粉症があるのに何故除外する?」


「日本から北海道がなくなってる件北海道も白樺からのブタクサや牧草ヨモギと雪のない季節は…大変なのにね。」


「飛散時期がスギをキャッチした数値でも、3月に自覚している症状の原因がスギとは限らない。梅、桜、桃と、山梨では、1月下旬からから4月頃まで、次々に咲く。スギにわりと強くても、梅桜桃に過敏な人は、すでに3月は苦しい時期なのさ。交差反応する種類が多い人は、悩まされる期間は辛くなる。」


「北海道は、白樺の花粉症がある。」


「北海道は、白樺の花粉症があるんだよね。」